動画・ブログ

虹をつかんだ男のココだけの話「講習会in東京」

3/31(日)に第一回全国講習会 in 東京が開催された。
私も久しぶりに新幹線に乗り上京した。
ここでは、北海道から大阪まで30名ほどの塾生が集まり合気のタネの獲得を目標に一致団結して練功が行われた。
練功は2班に分けて行われ、A班は、いつも塾に参加していて、合気のタネの感覚をすでに知っている人で、その感覚を“いつでも、どこでも、誰とでも”出せるよう、再現性を上げるべく、相手を変えつつ繰り返した。
また、B班は、個人レッスンの人や、塾に入って日が浅いため合気のタネの感覚に乏しい人や、感覚自体知らない方々で、その人達にも、1日で感覚を確実に掴んで、使いこなせるレベルに上がってもらうための練功環境を用意した。
それは、塾長から出される課題を迷う事なく遂行出来るよう、感覚の取れる研究生が一人ずつ付き、分からない事を丁寧に説明するのはもちろんだが、必要な感覚を何度も体感する事で自分の物にしてもらい、徐々にレベルを上げながら、A班同様に、初級、中級、上級と全ての課題をこなすという事であった。
そして、これらは、終始、副長と院生がフォローするという万全の体制で執り行われ、たった3時間の講習会ではあったが、皆にとって密度の濃い練功になったと思う。
実際に、来た時には不安な顔をしていた人も多かったのだが、帰る時には皆さん喜色満面で、満足度が高かったように思えた。
まさに、「楽しい達人集団を目指す」を地で行く講習会であったと思う。

講習会の後は、居酒屋で懇親会も催され、私は二次会も参加して、先輩方と親交を深めて帰って来た。

はやく仙人になりた~い!「五元六元を一緒に連動する方法」

前回、シャワーで3点バランスの姿勢を保つ方法をご説明させて頂きました。
今回は、足裏について、お話をさせて頂きます。

あくまでも、個人の感覚なので、興味のない方はスルーしてください。

繊細なゴム感覚の作り方をするには、上半身の繋がりも重要ですが、まずは「足の遊び」を無くさないと身体全身の遊びは無くなりません。
足裏の反発で合気は掛かるので、足の遊びがあれば全身が繋がってない。
もしくは、繋がらない。となります。

≪練習方法≫(空手の立ち方に似ていませんか)
1.母指球(回内)ではなく、小指球側(回外)で立つ。母指球をむやみに使わない。
2.膝を中心から少しだけ外に向ける。
3.踵重心を心がける。
4.腰のあたりが締まります。

よく小指側に重心を乗せると言われますが、小指側を意識してしまうと、踵重心が崩れてしまうので、まずは「足の指をすべて上方向に」上げた状態で回外の練習すると、重心の感覚が掴みやすいと思います。

それでも、わからないという方は、上記の方法で「うんこ座り」から立ってみてください。
足指を地面に着かないようにして、膝を外側に回しながら(回外しながら)立つと、自然に小指球側が踏ん張れて簡単に立てると思います。

ただし、立った時の状態を保たなければなりません。

3点バランス時に、よくあるのが「立って安心して抜いてしまう事」この状態を続けるのがなかなか難しい。(院生の方は100%の力感だったら20%くらいに調節していると思います)

この立った姿勢で初めて五元や六元のゴムが弾けると言う事になります。
①五元⇒うんこ座りから立ち上がる感覚。(膝を回外した状態)
②六元⇒回外した状態のまま少しだけ踵重心にする。
③自然と腕が上がり、猫背になる(連動)

この全身を使った動作で3点バランスをしてみると「飛べますか?」が作りやすくなります。

3点バランスはその他にやらなければいけない事がたくさん有りますが、まずは足裏の反発が重要だと感じました。
この状態でシャワーを浴びるとお湯が足の内側に流れてきます。

地味な練習ですが、十元を習得する為には、一元~九元すべてがベースとなっていると塾長は仰ってます。

虹をつかんだ男のココだけの話「飛べる 2」

合気に飛べる感覚が必要であるのは、そこに発生する弾力が相手を動かす動力源となるからである。
弾力を自分側に使えば、自分が動くし、相手側に使えば、相手が動く事になる。
また、自分に飛べる感覚が発生している場合、相手も同じ感覚が発生している。
自分の足裏から相手の足裏まで通したゴムを引き合うことで発生するので、お互いがそのゴムに頼りながら一つの物体として立っている状態になっている。
そして、合気の現象化が起こっている場面は、手や腕などの接触点に影響を与えて事を起こしているように勘違いしがちであるが、実際は、相手の足までゴムを張り、自分の体の中でゴムを伸ばしたり、縮めたりしながら、相手を足元から揺さぶり、バランスを崩させて、自分の手にすがらせている状態なのである。
そして、飛べる感覚が発生しているということは、相手と足までゴムで繋がっていて、そのゴムでお互いの重心を上げながら体を浮かせているので、内部に弾力が発生していて、尚且つ、居着いていない状態といえる。

しかし、この飛べる感覚は作るのは簡単なのだが、維持するのがとても難しいのである。
知っている人に教えて貰えば、誰でもすぐ出来るようになるのだが、すぐに忘れてしまったり、飛べると感じる体勢を作ったものの無意識に飛べない体勢に戻ったりしてしまい持続するのがとても難しいのだ。
これには、切実な理由がある。
というのは、二足歩行をする人間としての本能が体勢の不安定さを許さないのである。
通常、人が立っているときに重心は、両足の足裏とその間の部分にある。
そこから外れると転倒してしまうので、絶えずその面に納めて行動するように習慣付いている。
重心を面から外さない事が訓練され過ぎて無意識化してしまっている為、飛べる体勢を作ったとしても、気がつけば、重心が戻ってしまっていたり、そもそも、飛べるほどに重心を外せていなかったりしてしまうのだ。
だから、その習慣から脱却するには、飛べる感覚が無意識化するほど刷り込む必要がある。

はやく仙人になりた~い!「シャワーを浴びながら3点バランス」

シャワーの流水で3点バランスの理想的な姿勢を作る。
多分、夏だと感じにくいので、冬の寒い時期に体験してみてください。
個人的な感想なので意味が無いかもしれません。
身体が冷えてシャワーを浴びていると、身体にお湯が流れない箇所があり、身体を動かしたり、シャワーヘッドを持ってお湯が当たってない箇所に、お湯を当てたりした経験ありませんか?
自分は、シャワーヘッドを持つのが面倒で、何とか全身に効率よくシャワーのお湯を流したい。(温まりたい)と思い身体をクネクネさせておりました。
特に背中にお湯を当てていると気持ちいいですよね。
でも、反り腰の状態で立っていると、尾てい骨までは流れるのですが、なかなかふくらはぎまでお湯は流れてくれません。
「あれっ?これって3点バランスと関係しているのでは?」と思い試行錯誤しておりました。
後頭部にシャワーを当たるようにして3点バランスをしてみると、ふくらはぎまでお湯が流れてくれました。
いろんな体勢で試してみましたが3点バランスが一番、ふくらはぎまで流れます。
反り腰にならず、出っ尻にならず、足裏も感じられる姿勢。
以前習っていた武道で、「流水受け」を思いだいました。
「水が自然に流れるように無理なく素早く動けるように」と書かれております。
1. 安定して「ふくらはぎ」まで流水したら、ゴムを引く感覚を試してみてください。
「ふくらはぎ」まで流水している状態でゴムを引いてください。
2. 身体を動かしてしまうと、流れが変わります。
3. 流水が安定した状態で素振りをしてください。
ふと感じた事ですが「滝行」で3点バランスをしながら印を結んだら、力みのない強い姿勢に通ずるかもしれませんね。自分はやったことないですけど・・・。
温泉の打ち湯だったら、やってみたいと思います。
どんな姿勢からでも素早く自然に動ける、内部のバランス感覚が重要なのかもしれません。
その基本の形が3点バランスかも?
オンライン会員で3点バランスのやり方を覚えて、シャワーを浴びながら練功すると3点バランスがマスターできるかもしれません。
気が向いたら、お試しください。

虹をつかんだ男のココだけの話「飛べる」

前回、ゴム感覚を発生させる方法や、感覚を養うコツを書かせてもらった。今回もまた、ゴム感覚について、気付いた事を述べたいと思う。
ゴム感覚を認識出来るようになると、それを使っての合気揚げが可能になる。これが出来る様になった時、あなたは、筋力の呪縛から開放されるだろう。
合気は、筋力で、タイミングを見計らって、テクニックを駆使して掛ける。のではなく、自分の弾力で相手が出してきた力を一旦呑み込み、その力を弾力に変えて相手にそのまま返しているだけなのだ。
ゴム感覚を合気に使えるようになった時、今まで行なっていた“小手先による間に合わせ”とは全然異なる、“根本からの劇的に変化”に気づくはずだ。

しかし、このゴム感覚は、実物のゴムではないため、伸びるも縮むも自分でイメージしながら、その時の実感も自分で感じる必要があるのは、前回述べたのだが、まだ他にも上手に扱うには、コツがいる。
例えば、相手の足から自分の足まで繋がっているゴムを使って合気揚げしようとする時、慣れていない人はゴムを引こうとする時、必ず、相手と自分の接触点である手を引いてしまう。これが起こる原因としては、相手と繋がっているという事を信じられていないため、自分側のゴムしか自由にならないと思っているからだ。そして、中のゴムを引くつもりで、勢い余って外側の筋肉まで使ってしまうので、自分では手を引いているつもりはないのだが、結果的に相手を筋力で引っ張る事になり、相手がそのまま付いてきたり、手を離されたりして不発に終わる。

そうならないために、合気練功塾では、相手と繋がる時は、“飛べる”感覚を養う練功をしている。具体的に言えば、相手と一本に繋がったゴムを、自分から引くのではなく、相手に引っぱってもらい自分が相手の方に飛んで行くのを我慢している状態を作るのである。この状態は、お互いに一本のゴムを引き合っている状態でもあるので、その状態を自分が解放した場合、相手はそのゴムの緩みの乗せられてしまう、そして行き先を“上”に設定しておけば、勝手に揚がってしまう事になる。
自分の力は全く使う必要がないのだ。