T-STYLE(研究生の雑記)

Tスタイル  ~合気練功の日々~ 「えびそば一幻!」

 7月17日に北海道で行われた「第2回合気練功集中セミナー」に参加をさせていただきました。

 

 前日の夕方にLCCで中部空港を発つはずが、何と遅延!予定よりも大幅に遅れ、結局宿舎についたのは22時近く・・・。うーん、疲れた・・・。コンビニで買った弁当を食べて就寝。

 翌日、朝9時少し前に会場に到着。松原塾長をサポートするスタッフは、東京の松原塾のメンバーのYさん(世界で活躍する合気道の達人!私はひそかに「ターミネーター」と呼んでおります。)、そして合気練功研究会のメンバーのNさん(研究会で群を抜く実力者。見た目も迫力十分!人呼んで「合気練功塾の用心棒」)今回の参加者6名のうち、前回に続いて参加された方は3名。新規で参加された方が3名。

 定刻通り始まったのですが、数回の休憩と数十分の昼食休憩をはさみ6時間!みっちり合気習得の為の練功が行われました。松原塾長は、座学では理路整然と「合気練功塾の合気の原理」を説き、実技指導では全員に腕を取らせて(手をつかませて)技をかけていきました。(前回と同様に)参加者のお一人は思わず「すげー!マジか!」とつぶやいていました。そうそう、この言葉が聞きたかったんですよ!直接、松原塾長の腕を取らなければ分からないんですよね。

 

 北海道や大阪のセミナーに参加させていただいて感じるのは、参加される方々の熱量のすごさです!なかなか松原塾長に直接指導を受けることができない方々にとっては、超貴重な時間なのです。一字一句聞き逃さないぞという姿勢や態度。ホワイトボードに書かれた練功塾の合気の原理を、休憩時間にスマホのカメラで撮る姿はもはや恒例行事。普段から松原塾長にご指導いただいている私達がなんと恵まれた環境にいることか!うかうかしてると抜かされまっせ。(なぜか関西弁!)

 

 塾長、ターミネーター、用心棒の皆さん(失礼!)は当日の夜のフライトで帰られたのですが、私は所用もあり、札幌市内のホテルに宿泊。

 後日、帰りのフライトの前に新千歳空港にあるエビみそラーメンの店「えびそば一幻」(以前から目をつけていた店)でラーメンを食べようとしたのですが・・・。時間が微妙。人気のある名店なので並ぶこと必至。10時開店なので、開店前に並んで食べて、間に合うかどうか。実は、松原塾長が新千歳空港の同じ店でラーメンを食べていて、危うく飛行機に乗り損ねるところだったというラインが入っており、迷いに迷って・・・。結局、別の店でホタテ・イクラ丼をいただくことに。これはこれでおいしかったのですが、当初の予定は達成できず残念!エビみそラーメンはまた次回にとっておくことにします。(;´д`)トホホ・・・。

 

 

今日の一句(北海道バージョン)

 

今回も やっぱり聞けた マジ、スゲー!

今回の セミナースタッフ 最強(凶?)です

ラーメンを 食べると保安(検査)場 入れない?

エビそばや ああエビそばや  エビそばや(どれだけ食べたいねん!)   TAKA

 

 

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「丹田」

 度重なる緊急事態宣言の発出と延長の繰り返しで、やり切れない思いでお過ごしの方も多いと思います。しかし、いわゆる「おうち時間」が増えることは、個人練功の時間が増えることにつながります。この機会を生かしてじっくりと練功に取り組みましょう!

 

 今回は「丹田」について考えていきたいと思います。もちろん、独断と偏見のTスタイル流で!

 丹田と言っても、(三丹田説に基づくと)上丹田・中丹田・下丹田に分かれますが、今回はへそ下三寸の下丹田を取り上げます。

 

Q(クエスチョン)1 そもそも丹田は本当にあるの?

 医学的・解剖学的に言えば、丹田はありません。しかし、多くの武術家は丹田の存在を認めています。しかし、武術書をよく読んでみると、「丹田がある」のではなく、「丹田を意識している」のです。丹田は存在しているものではなく、意識もしくは認識するものではないでしょうか。

Q(クエスチョン)2 では、ズバリ、丹田とは何?

 ある武術家の著書には、「丹田は身体の物理的なバランスの中心である」と書かれています。つまり、武術的な鍛錬を重ねていくと、自分の身体のバランスを下腹部の一点で取ることができるようになるのです。いわゆるハラ(腹、肚)ができる状態です。これが丹田の正体なのではないでしょうか。

Q(クエスチョン)3 丹田はどう鍛えるの?

 丹田は意識するものであり、身体のバランスの中心であるとすれば、常に身体のバランスの中心を意識しながら練功することが重要です。もちろん、実際に身体を動かしながら練功することも大切ですが、最終的には、身体を動かさず、意識(意念)だけで身体の内部を動かしながら行うことが求められます。なぜなら、丹田は意識の産物だからです。そうです!「抱木站椿(ほうぼくたんとう)」、言い換えれば「立禅(りつぜん)」です。(もちろん、これが全てではありませんが・・・。)

 ということで、最近「立禅」に興味を持ち、いろいろな書物を読んだり、YouTubeの動画を見たりしながら、自己流で毎日少しづつ取り組んでいます。しかし、これが結構辛い!数分間が限界!しかし松原塾長は合気を習得する修行の一環として、何と30分間も立禅を続けていたとのこと。さすが、塾長!人知れず努力を重ねてみえるんですね・・・。

 

今日の一句

梅雨入りで 天候(てんこう)気にせず 練功(れんこう)す

勇気出し 妻に一系 お願いし

つかまれた 腕を上げると にらまれる

ごめんなさい やっぱり一人で 練功し

反省の 気持ちを込めて 立禅す

 

事実ではありません。空想です・・・。ハイ。

                      TAKA

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「北海道に雪が降る!」

 4月25日に、北海道で初めての合気練功集中セミナーが行われました。今回、スタッフ(スタッフー!失礼!)として松原塾長に同行する機会をいただきました。前日の午後に新千歳空港に到着し、札幌市内で東京の松原塾のメンバーのTさんとYさん(お二人もスタッフ。スタッフー!何度も失礼!ちなみにTさんは太極拳の達人。Yさんは合気道の達人。世界の国々で指導される凄いお二人!)と合流しました。

 翌日は残念ながら雨。傘を差してセミナー会場に向かって歩いていると、なんと!・・・雪が!(正確には霰=あられ)さすが北海道!

 セミナーは12時スタートでしたが、今回のセミナーの会場をおさえてくださったKさん(ありがとうございました!)も参加していただき、5名で午前中から打ち合わせ&練功を行いました。

 12時近くになると、参加される方が続々と会場に到着されました。空手、合気道、総合武術等、長年武術の稽古に励んできた方々に、塾長は普段と変わりなく穏やかな笑顔で接してみえました。しかし、セミナーが始まると雰囲気は一変・・・!塾長はすべての参加者に手を取らせ、合気をかけては崩し、合気をかけては崩し・・・。徐々に参加された方々が驚きの表情に。「合気は本当にあったんだ!」そうですよね。私も塾長にお会いしてこう思いました。「合気は都市伝説ではなかったんだ‼」

 4時間のセミナー+1時間半の復習稽古の計5時間半もあっという間に終了。皆さん、少年のような笑顔で、北海道セミナーも無事終了。次回は10月を予定。ところが、この原稿の内容を考えているさなか、何と!7月に第2回集中セミナー開催の告知が!さすが塾長!「早い(仕事が)、上手い(技が)、安い(セミナーの価値からすると)」(どこかで聞いたフレーズ⁉)

 北海道セミナーに参加された皆さん。お疲れ様でした。私自身とても勉強になりました。東京の松原塾のTさん、Yさん、ありがとうございました。また、東京にもうかがいます。そして、塾長。今回貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

 また、7月に北海道に行きまっせ!(宿は既に予約済み、飛行機はまだ・・・)よろしゅうおたのもうします!(なぜか関西弁!)

 

北海道セミナーに参加して・・・

 塾長は 飛行機の席でも 練功す

 塾長の 頭の中は ほぼ合気(失礼!)

 合気はね 人を笑顔に するのかな

 参加者も 思わずつぶやく スゲー!マジか!

 北海道 やっぱり言おう でっかいどー(ベタですが・・・)

                                                   TAKA

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「Osaka ローマ軒」

 先日、松原塾長のご厚意で大阪の松原塾に参加する機会をいただきました。名古屋の練功塾でも、他府県から参加される方が増えており、ご一緒する機会も増えてきていますが、今回は完全なアウェイ!さて、どうなることか・・・。

 

 当日、午前中の練功塾を終え、塾長と新幹線で大阪に向かいました。大阪駅では、塾長お勧めの店「ローマ軒」でお昼をご馳走になりました。私は「和風ボロネーゼ」をいただいたのですが・・・。これが美味い‼︎病みつきになりそうです。後から調べてみると、なんと、名古屋にもお店があることを確認!皆さん、「ローマ軒」お勧めですよ。

 開始約15分前に会場に到着。定刻には大阪塾の稽古が始まりました。私は大阪塾に初参加のSさん相手に対練をしたのですが、その感覚の良さにびっくり!もともと塾長の個人レッスンには何度か参加されてはいたそうですが、もう何年も練功しているような感覚に驚かされました。このSさんはもともと整体を生業とされていて、その業界では著名な方だとのこと。さすがですね。大阪恐るべし!

 さらに驚かされたのが、大阪塾のメンバーの方々の稽古に取り組む姿勢。とにかく真剣!熱量が半端ない!私のイメージでは、(失礼ながら)稽古中に「なんでやねん!」とか「こんなんでよろしおますか?」とか「そないなこと言われましても」とかいう言葉が飛び交うのかと恐れて(期待して?)いたのですが・・・。とんでもない。皆さん真摯(しんし)に稽古に取り組む紳士(しんし)ばかり・・・。(これがオチでっか?)

 また、大阪塾に寄せてもらいますさかいに、よろしゅうお願いいたします!

 

 最後に、名古屋の練功塾の様子を川柳にまとめてみましたので、お読みください。

(松原塾長の「終わります」の言葉で稽古終了なのですが・・・)

終わります 言ってもやめない 人ばかり

あきれ果て 塾長モップを かけ始め

すみません 私がモップを かけますよ

次の週 やっぱり塾長 モップがけ

すみません 私がモップを・・・ これデジャヴ?

                              TAKA

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「合気について」

 愛知県は緊急事態宣言が解除されましたが、厳重警戒宣言が発出されており、外出の機会がずいぶん減りました。そのため、自宅でYouTubeを見る機会が増え、いろいろな武術の動画を見ています。

 「合気」の動画も随分多くありますが、少し気になることもあります。それは、「これこそが本当の合気だ!」いうような(よくある)フレーズです。それぞれの方が血のにじむような鍛錬をされ、習得された「合気」。それは称賛されるべきですが、中には「他はニセモノ」と決めつけるような表現も見かけます。

 うーん⁈(長嶋茂雄風に)どうでしょう?

 「合気」は商標登録されたものではなく、それぞれの捉え方があるのではないでしょうか?わが練功塾の松原塾長は、自らが追い求めてきたものを「合気練功塾の合気」と捉え、決して「これこそが本当の合気」と決めつけたり、他団体を批判したりしてはいません。それぞれの団体が切磋琢磨し、より素晴らしい「合気」を追い求めていくことが、先人が切り開いた道を進むことにつながるのではないのでしょうか。

 先日、某団体の動画で、私の合気道の師匠が(多分、承諾なしで)名指しで取り上げられていました。(一部ですが)批判的なフレーズも含まれていたので、師匠に連絡したところ、意外な言葉が返ってきました。「連絡してくれてありがとう!まあ、多くの人がYouTubeをやっているから、いろいろなことを言っているよね。(笑)」さすが、師匠!人間の器がデカイ!おみそれしました!

 

 ところで、先日の日曜日の練功塾に四国(!)からいらっしゃったプロのダンサーの方(ダンスの先生)が参加されました。対練(対人練習)でお相手をさせていただいたのですが・・・。さすがプロフェッショナル!身体がつながってらっしゃる!さらに、時に「今、私の腕に力が入っていましたよね。」というように的確に自己分析をされていました。相手を倒すことを追い求めてきた一般の武術家よりも、よほど早く「合気」をつかまれるのかもしれませんね。ダンサー、恐るべし!

 

今日の迷言

合気はね 相手とつながる ことですよ

「これこそが!」 そういう人は ?????

怒るかな? 思っていたら ガハハハハ!

ダンサーは ダンサ(段差)も気にせず ジャンプする

 

おあとがよろしいようで・・・      TAKA