T-STYLE(研究生の雑記)

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「Osaka ローマ軒」

 先日、松原塾長のご厚意で大阪の松原塾に参加する機会をいただきました。名古屋の練功塾でも、他府県から参加される方が増えており、ご一緒する機会も増えてきていますが、今回は完全なアウェイ!さて、どうなることか・・・。

 

 当日、午前中の練功塾を終え、塾長と新幹線で大阪に向かいました。大阪駅では、塾長お勧めの店「ローマ軒」でお昼をご馳走になりました。私は「和風ボロネーゼ」をいただいたのですが・・・。これが美味い‼︎病みつきになりそうです。後から調べてみると、なんと、名古屋にもお店があることを確認!皆さん、「ローマ軒」お勧めですよ。

 開始約15分前に会場に到着。定刻には大阪塾の稽古が始まりました。私は大阪塾に初参加のSさん相手に対練をしたのですが、その感覚の良さにびっくり!もともと塾長の個人レッスンには何度か参加されてはいたそうですが、もう何年も練功しているような感覚に驚かされました。このSさんはもともと整体を生業とされていて、その業界では著名な方だとのこと。さすがですね。大阪恐るべし!

 さらに驚かされたのが、大阪塾のメンバーの方々の稽古に取り組む姿勢。とにかく真剣!熱量が半端ない!私のイメージでは、(失礼ながら)稽古中に「なんでやねん!」とか「こんなんでよろしおますか?」とか「そないなこと言われましても」とかいう言葉が飛び交うのかと恐れて(期待して?)いたのですが・・・。とんでもない。皆さん真摯(しんし)に稽古に取り組む紳士(しんし)ばかり・・・。(これがオチでっか?)

 また、大阪塾に寄せてもらいますさかいに、よろしゅうお願いいたします!

 

 最後に、名古屋の練功塾の様子を川柳にまとめてみましたので、お読みください。

(松原塾長の「終わります」の言葉で稽古終了なのですが・・・)

終わります 言ってもやめない 人ばかり

あきれ果て 塾長モップを かけ始め

すみません 私がモップを かけますよ

次の週 やっぱり塾長 モップがけ

すみません 私がモップを・・・ これデジャヴ?

                              TAKA

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「合気について」

 愛知県は緊急事態宣言が解除されましたが、厳重警戒宣言が発出されており、外出の機会がずいぶん減りました。そのため、自宅でYouTubeを見る機会が増え、いろいろな武術の動画を見ています。

 「合気」の動画も随分多くありますが、少し気になることもあります。それは、「これこそが本当の合気だ!」いうような(よくある)フレーズです。それぞれの方が血のにじむような鍛錬をされ、習得された「合気」。それは称賛されるべきですが、中には「他はニセモノ」と決めつけるような表現も見かけます。

 うーん⁈(長嶋茂雄風に)どうでしょう?

 「合気」は商標登録されたものではなく、それぞれの捉え方があるのではないでしょうか?わが練功塾の松原塾長は、自らが追い求めてきたものを「合気練功塾の合気」と捉え、決して「これこそが本当の合気」と決めつけたり、他団体を批判したりしてはいません。それぞれの団体が切磋琢磨し、より素晴らしい「合気」を追い求めていくことが、先人が切り開いた道を進むことにつながるのではないのでしょうか。

 先日、某団体の動画で、私の合気道の師匠が(多分、承諾なしで)名指しで取り上げられていました。(一部ですが)批判的なフレーズも含まれていたので、師匠に連絡したところ、意外な言葉が返ってきました。「連絡してくれてありがとう!まあ、多くの人がYouTubeをやっているから、いろいろなことを言っているよね。(笑)」さすが、師匠!人間の器がデカイ!おみそれしました!

 

 ところで、先日の日曜日の練功塾に四国(!)からいらっしゃったプロのダンサーの方(ダンスの先生)が参加されました。対練(対人練習)でお相手をさせていただいたのですが・・・。さすがプロフェッショナル!身体がつながってらっしゃる!さらに、時に「今、私の腕に力が入っていましたよね。」というように的確に自己分析をされていました。相手を倒すことを追い求めてきた一般の武術家よりも、よほど早く「合気」をつかまれるのかもしれませんね。ダンサー、恐るべし!

 

今日の迷言

合気はね 相手とつながる ことですよ

「これこそが!」 そういう人は ?????

怒るかな? 思っていたら ガハハハハ!

ダンサーは ダンサ(段差)も気にせず ジャンプする

 

おあとがよろしいようで・・・      TAKA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「太極拳恐るべし!」

 緊急事態宣言が続く日々の中、夜間の外出を控え、自宅で読書をすることが多くなりました。久々に読み始めたのが太極拳の入門書です。

 もともと太極拳には興味があり、東京で有名な団体の体験教室に参加したり、愛知県の某カルチャーセンターの教室に通ったりしたこともありました。東京では、とても丁寧に教えていただいたのですが、遠くて通うことができません。そこで、(流派は違うのですが)愛知県の某カルチャーセンターの教室に通うことにしました。その教室では、動きを忠実にまねる舞踊的な色合いが濃く、「太極拳入門」をうたっているのにもかかわらず、他の参加者はほとんどが何年も続けている方々でした。休憩時間には、発表会に向けて衣装をどうするかというような話で盛り上がっており、私一人孤立している状況でした。(合気練功塾とは大違い!ここ重要!)今思い出しても苦い思い出しかなく、数回参加してやめてしまいました。

 講師の先生は太極拳の世界では有名な中国人の方でしたが、初心者の私は個別に指導していただくこともなく、動きについていけない私に厳しい視線を向けられたことを今でも覚えています。太極拳という言葉を聞くと、この時の記憶が鮮明によみがえります。私の黒歴史です・・・・・。

 

 そんな訳で、太極拳から遠ざかっていた私ですが、久々に太極拳の入門書を読んでみたらビックリ!合気練功につながる言葉が満載!

含胸抜背 がんきょうばっぱい・・・・・  胸を緩め、背中を伸びやかにし、丹田に気を沈めるようにする。

上虚下実 じょうきょげじつ・・・・・・      上体は緩めて力を抜くが、下半身はしっかりと安定させる。

用意不用力 よういふようりき・・・・・      動作は意識で動き、力を用いない。

抱木站椿 ほうぼくたんとう・・・・・・      両手で大木を抱くように立ち、両手の指を向かい合わせる。この姿勢から相手を一瞬で跳ね飛ばす勁(ケイ)であるポンケイが発生する。

 うーん、合気練功につながるキーワードが次から次へと出てきますね!太極拳恐るべし!

 

 そして、何と!アマゾンプライムで武術太極拳を描いた「TAICH/太極」という映画を発見!

 しばらくは太極拳にどっぷりはまってみますか。

 

 今日の名言(迷言?)

 太極拳 舞踊じゃないよ 武術だよ

 衣装決め そんな暇ありゃ 教えてよ

 厳しさと 指導放棄は 違います

 ポンケイを やってみたいな いつの日か

 つながった 身体で動く 太極拳

 

 今回は愚痴が多くてすみません!でも、安心してください!(どこかで聞いたフレーズ!)合気練功塾プロジェクトは、みんなで力を合わせて合気をつかみに行くプロジェクトですからね。共にがんばりましょう!       TAKA

                                       

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「達人の言葉」

 新年あけましておめでとうございます。新型コロナウイルス感染の脅威が続き、まだまだ先が見えにくい時代ですが、合気の習得を目指してお互いがんばりましょう!

 

 合気を習得したと言われる武術の達人は、昔も今も多数いらっしゃいます。しかし、実際にお会いする機会はなかなかありません。(既に亡くなられたもいらっしゃいますし。)私もラスボスことペイン松原塾長(失礼!)を含め3名の方しかお会いすることができていません。そういう私にとって、達人の「言葉」が練功のよりどころであり、助言でもあります。

 しかし、この「言葉」が常人には理解しがたいことが多いのです。「呼吸力」であったり、「中心力」であったり、「観の目」であったり、「宇宙と一体となる」(私の合気道の師匠の言葉)であったり・・・・・。ところが、最近YouTubeを見ていたら、ある外国人のナレーターが「達人の言葉は本質をとらえてはいるが、その方が感じたことをストレートに言葉に表しているので、その奥にあるものを見なければならない。」というようなことを語っていました。

 そうなんです!達人の言葉を頭でそのまま解釈しようとしても、???の無限ループに迷い込んでしまうのです。感覚を言葉に表したものは、頭ではなく感覚でとらえなければならないのです。そのためには練功を通して感覚を磨き、言葉を感覚で受け取ることができる受信機としての機能を高めていかなければならないのです。

 Don’t  think , feel.ですね。アチョー!

 

 最近の研究会では、相手とつながる時やつながってから、相手の足の根がかり(引っかかった状態)を頼りに自分が相手に近づいていくことを意識して対人練功をしています。自分がどっしりと構えている状態は、いわゆる「居着いた」状態で、身体の内部が止まってしまっていることが多いのです。自分の内部を常にエンジンをかけたアイドリング状態にしておくことが重要です。個人で練功する際、歩きながら身体の中のゴムを引っ張ってみるのもいいかもしれませんね。

 

今日の名言(迷言?)

「ありがとう 私をつかんだ つながった」

「ラスボスは 触れたら危険 宙を舞う」

「副長の つかんだ手首が 溶けていく」

(ぜひ、一度副長の手首をつかんでみてください!実感できますよ!)             

                                    TAKA  

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「バージョンアップ」

 先日、母の17回忌の法要があったのですが、ご住職がこのようなことをおっしゃいました。「コロナ禍で私達の生活は大きくかわりました。今までは当たり前だと思っていたことができなくなりました。だから、日常の生活の中でできることを大切にして、その中で価値を見出していくことが大切です。」

 確かに、コロナ前とコロナ後では、生活が一変しました。しかし、それが新たな生活様式を模索し、よりよい未来を創り上げていくことにつながっていくとしたら・・・。それは、現代生活がバージョンアップするきっかけになるのかもしれませんね。皆さん、コロナに負けずにがんばりましょう!

 

 ところで、バージョンアップといえば・・・。iPhoneのバージョンアップには驚かされます。私はiPhone4からスタートしたのですが、その驚異的な進化には驚かされます。常にバグを修正しながら、バージョンアップを続けています。しかし、それに負けていないのが、合気練功プロジェクトです。松原塾長がたゆまない努力を重ねて、ご自身の「合気」を進化させ、「合気」をどう伝えていくのかを常に工夫して私達に指導して下さいます。その進化のスピードたるや・・・。  

    特に、木曜日に行われている研究会(バットマンの会)では、毎回が奥義伝承と言っても過言ではなく、数回欠席すると、まるで浦島太郎状態になってしまうのです。

 先日の研究会では、一系(合気上げ)をかける時に上手くいかない理由が明らかにされました。(よくあるパターンとして)相手と足裏でつながってから、自分の身体のゴムを斜め上に引っ張り、その後丹田を斜め下に引っ張るのですが、この時に斜め上に引っ張るゴム感覚が緩んでしまうのです。つまり、同時に多方向にゴムを引っ張ることが上手くできないのです。さらに、足裏が地面を踏みしめて、その反発力も常に感じていなければならないので大変です。

    以前、このブログでも書いたのですが、マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)の難しさを痛感させられます。最近、名古屋の練功塾のトレンドになっている「テンセグリティ」(多数の木の棒が多数のゴムでつながっている物。もともとは幼児のおもちゃ。興味のある方はGoogleで検索してみてください。)の状態にならなければいけないのです。

    松原塾長は、まさに「人間テンセグリティ」です。しかも、身体が磁気を帯びているので、「ペイン」状態でもあるのです。(前回のブログ参照)言うなれば、最強のラスボス「ミスター・テンセグリティ・ペイン・マツバラ」なのです!もー、こりゃー、かないまへんなあー。

 皆さん、イメージを豊かにして、練功に励み、「人間テンセグリティ」を目指しましょう!

 

 今日の格言

「足裏を 忘れちゃだめよ これ基本」

「ラスボスに 触れたら最後 なすがまま」

「YouTube やっぱりやらせに 見えるよね」(視聴者に伝わらなくて残念!)

                                                              TAKA