T-STYLE(研究生の雑記)

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「増幅装置」

 ようやく秋らしくなってきた今日この頃、私の合気習得の修行は間もなく3年。当初は、「3年くらい続けていれば何とかなるだろう。ここで身に付けたものを合気道に生かしていければ・・・。」などとタカをくくっていましたが・・・。まあー、なんということでしょう!(どこかで聞いたセリフ⁈)とても3年では、何ともならないことがよく分かりました。しかし、合気習得への道筋ははっきりとしてきました。この道筋を指し示してくれるのが合気練功塾です。後は、練功あるのみ!皆さん、がんばりましょう!

 

 最近、松原塾長が「増幅装置」という言葉をよく使われます。1系(合気上げ)の場合、相手と足裏でつながってから、重心を僅かに動かし、身体のゴム感覚を生かして相手を操作します。この時、相手に自分の身体を引っ張らせた際、増幅装置を使ってその力を2倍にも3倍にして相手に返していくのです。0→10にするのは不可能に近いのですが、1→2、1→3にしていくのは十分可能です。この増幅装置が内部感覚であり、意念と言われるものなのかもしれません。「うわー、すごく(手を)押さえられている!」「うわー、すごく引っ張られている!」と思うことから、増幅装置が起動するのではないでしょうか。皆さん、練功を通して自分の身体の中に増幅装置を育てていきましょう!

 

 日曜日の練功塾で、松原塾長が「練功塾には段も級もありません。合気があるかないかです。」ときっぱりと言われました。合気の前ではみな平等なのですね。(うーん、深い!)

 そして、合気があるかないかを厳しく判定するのが、塾長と院生です。塾生同士で対人練功をして、「今日は調子いいじゃん。」などと自信をもって進んでいくと、目前に仁王門が建っています。そして、その門を通過しようとすると、その両側に金剛力士像が2人立ちふさがっています。左側には副長のIさん(人呼んで「練功塾の必殺仕事人」)、右側には院生のNさん(人呼んで「練功塾最強の用心棒」)。ここを通過するのは、至難の業ですが、運よく通過できたとしても、その向こう側には、ラスボスの松原大王が立ちふさがっています。ここで、タラッタララララー・・・。あえなくゲームオーバーです。

 うーん、先は長い・・・。

 10年は頑張らなければ・・・。                   TAKA

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「やる気のない手」

 新型コロナウイルスの第2波も徐々に収まってきたようですが、まだまだ油断はできませんね。実は私も先月末に県外に出かけなければならない事情があったため、外出を控えている状況です。そんな中で、すごいニュースが飛び込んできました!なんと、名古屋と東京をリモートでつないで、リアルタイムで合同練功会を行うとのこと!いよいよ練功もリモートの時代になっていくのでしょうか。更に将来は、3Dゴーグルをつけ、バーチャルの松原塾長と練功する時代が来るのでしょうか?楽しみですね。

 ところで、先日の個人レッスンで、松原塾長が「やる気のない手」ということを言われました。1系(合気上げ)を行う際、最も重要なのは、相手につかまれている手首を動かさないことです。(ここからはご自分の手首をもう片方の手でつかんで読んででみてください。)ところが、手を開いただけで、相手は筋肉の動きを感じてしまいます。更に言えば、親指を少し動かすだけで、相手は筋肉の動きを感じてしまいます。よく、つかまれている腕を動かさないよう言われますが、腕は勿論のこと、指先さえも動かしてはいけないのです。人間の手のセンサーは、些細な動きも関知してしまうのです。これは厄介ですね。よく合気上げの極意は「朝顔の手」と言われますが、指を1ミリ動かしただけで、相手は反応してしまいます。

 しかし、手の形は変えずに、つかまれている手首の部分をほんの少しだけゆっくりと、相手の手のひらに押し付けてみてください。意外とそれを感知するのは難しいのではないでしょうか?(ここがミソ⁈)

 つまり、つかまれた手を何とかしようと思っただけで筋肉が動き、感知されてしまうのだとしたら、何とかしようと思わなければいいのです。松原塾長がよく言われる「相手が勝手に上がりたくなる」状況をつくり上げることができればOKなのです。相手の足裏と自分の足裏をつなげ、身体のゴム感覚(ここがミソ!日々の練功によってこういう感覚を培っておく!)を使って相手の重心を巧妙に操作できれば、合気練功塾の合気上げは、ほぼ完了です。

 

 みなさん、「やる気のない手」を意識して、練功に励んでくださいね。ちなみに、私は身体全体でやる気のなさを表現して練功する時があります。当然、顔の表情も「やる気のなさ」を前面に出して・・・。とろんとした目をして、口も少し開いて、鼻もよだれもたらして・・・・・。これはやりすぎですね。何事も程々がよろしいようで。

ここで一句

つかまれた 手首じゃないよ そこは足裏

さらに 

やる気なし 思わせ実は 足ぱんぱん                  

最後に

バーチャルも   松原塾長 無双です          

                                         TAKA                                                                            

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「脳力」

 最近、練功をしながら改めて強く感じることがあります。合気の習得を目指すトレーニングは、いわゆる武術の稽古や肉体のトレーニングとは全く違うということです。

    この表現は誤解を招くかもしれません。なぜなら、対人練習の場合、相手と接触し、身体を操作するからです。相手と足でつながる時や、重心移動をする際には、ある程度の下半身の筋力が必要です。私も合気練功塾に入った当初は、稽古の後に足のふくらはぎがパンパンになっていました。

    他の方と同様に、私も毎日四股を踏んだりもしています。しかし、それは筋力を鍛えるということではなく、内部感覚を鍛えるために行っているのです。さらに言うならば、合気習得の基になる「脳力」を鍛えるために行っているのです。

 「脳力」とは、もちろん脳の働きを指しているのですが、(あくまでも私の考えですが)一言で言えば、イメージ力です。例えば、四股を踏む場合、「泥の中に突っ込んだ足を抜くイメージ」とか「足の裏に張り付いた接着剤をはがすイメージ」、さらに「体中に張り巡らされたゴムを動かすイメージ」、「全身に取り付けられた大リーグボール養成ギブス(古っ!)を動かすイメージ」等というように、様々なイメージが浮かびます。

    よく松原塾長が「自分の脳をだます」と言われますが、イメージのもち方でトレーニングの効果も変わってくるでしょう。

 

 このイメージ力が驚くほど豊かなのが、合気練功塾副長のIさんです。実は、私が初めて練功塾の体験会に参加した際、マンツーマンで教えてくださったのがIさんです。例えば、一系(合気上げ)で最初に相手と足でつながる時に、「自分の舌を身体の中を通して伸ばし、相手の身体の中に入って足の裏をなめる」(‼)と言われた時には、そのイメージ力の豊かさに唸ってしまいました。研究会や日曜日の練功塾でお会いするたびに、その脳力はアップデートされており、驚かされます。

 ところで、このIさん、とても穏やで、いつも笑顔で接してくださいますが、だまされてはいけませんよ!若い頃には名古屋の大須の町を中心に、名をとどろかしていたそうです。胸倉をつかんできた相手を、「●●●●●●●●●●●●!」と一喝し、●●●●●●●してしまったり、●●●●●●●●●●してきた相手を●●●●●●してしまったり、●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●してしまったりと様々な武勇伝をもっているのです。

 えっ、伏せ字ばかりでよく分からないって⁈ とてもここには書けません!皆さん、副長にお会いする際は、くれぐれも失礼がないようにしてくださいね。でも普段はとても優しい方なんですよー。(慌ててフォロー!)

 

 皆さん、イメージ豊かに練功して、「脳力」を鍛えていきましょうね!  TAKA

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「張力」

 名古屋の練功塾が再開され一か月。メンバーも徐々に増え、活気を帯びてきました。松原塾長は、新型コロナウイルスで活動休止の期間に練功カリキュラムを練り直し、より短期間に弾力レベルの「合気」を習得できるよう進化させました。

これはすごいことですよ!練功塾に入って3年がたとうとする私からすれば「うらやましー!」の一言です。今まで何年もかかっていた弾力レベルの「合気」の習得が数か月で可能かも⁈まだ活動休止中の地域にお住いの皆さんも、楽しみにしていてくださいね。

 ただ、あくまでもカッコつきの合気ですからね。カッコが取れるまでには更なる精進が必要です。皆さん、達人目指して頑張りましょう!

 最近読んだ本の中に、とても考えさせられることが書いてありました。それは「張力」です。

 筆者はその本の中で、「張力」を「相反する力を同時に成立させる力」と定義しています。具体例を挙げてみます。自分の身体の前で両手を合わせて、指先同士を押し付け合ってみてください。これは部分的な力=力みです。ところが指先同士を押し付け合いながら、引き離そうとすると、背中やお腹などの力が使われ、力感が薄れ、パワーアップします。

 筆者は、押し合うだけだと筋肉の収縮感、言い換えれば頑張り感であって、現実的な力として相手に伝わりにくいと言っています。相手に影響を与えるためには収縮感ではなく膨張感が必要であり、これが「張力」を使うことができたということであるとも言っています。

 練功時にこの「張力」を意識すると、自分の身体が上がりながら相手に下げられている、相手を引っ張りながら自分が引っ張られているという感覚がつかみやすくなります。ぜひ試してみてください。

 

 もちろん、この「張力」を身に付けるためには仲間のチョウリョク(キョウリョク?)が必要です。おあとがよろしいようで・・・。                                       by TAKA

 

 

 

Tスタイル ~合気練功の日々~ 「再開!再会!肩痛い!」

 新型コロナウイルスの影響で活動を休止していた合気練功プロジェクトが、名古屋の地で6月から再開されました!塾長を筆頭に院生、研究生、塾生も、まだ手探りの状況ではありますが、合気練功塾の新しい活動の在り方を求めてスタートを切ることができました。東京、大阪、福岡の皆さんも徐々に活動が再開されると思いますので、しばらくお待ちくださいね。

 そんな希望に満ちた時期だというのに、右肩に突如痛みが‼40肩?50肩?60肩?

 もともと左肩は一度ぶっ壊れて(ぶっ壊されて?)いるのですが、ついに右肩まで(涙)トホホ・・・

 しかし、怪我の功名とはこのことなのでしょうか。力が入らない分、背骨や身体の内部を意識して動かしてみると今までとは違う感覚が表れてきました。「これは神が与えた試練か?神は乗り越えられない試練は与えない!」(ドラマのJIN ~仁~ 参照)と勝手に思い込んで練功に励んでいる毎日です。

 考えてみれば、達人は常人とは違う部分で勝負している訳ですから、今まであった部分(筋力やスピードなど)を捨てることから合気の道は開けるといっても良いでしょう。高齢ドライバーの能力の低下を支援する様々な機能がついたサポートカーが注目されていますが、合気は足らない面を補うどころか、それ以上の能力を発揮する無限の可能性をもった存在だと思われます。

 近い将来、合気練功プロジェクトに、武術部門だけでなく、医学・整体部門、福祉・介護部門などが誕生するのも夢ではないと思います。皆さん、杖を突いた達人集団をめざしてがんばりましょう!(実はこの杖という言葉が最新の合気練功のトレンドなんですよ!単に足腰が弱ったおじいの集まりという意味ではないんですよ!)

 実は私も折りたたみの杖(護身用)を以前から持っています。その他にもツボ押し棒(護身用)、折りたたみ傘(護身用)なども時折バッグに忍ばせておりまして。フフフ。(おぬしは何者じゃ!) 

 物騒な世の中なので皆さんご用心を!                    TAKA