日々是合気

日々是合気「基本のキ」

合気練功塾の合気では、初歩の段階でゴム感覚を身につける。
ゴムの張力・弾力を用いたかのように相手に作用させる。

このゴム感覚を身につけるのが「基本のキ」合気の要でもあると思う。

「ゴムを引っ張って」と言われると大概、力みが入るようだ。
初歩の段階では、筋力を用いて感覚を養っていくので、力みは然程問題ではない。

身体を使うのだから筋収縮が伴うのは当然である。ただ遠心性収縮を用いたいのだ。求心性収縮では相手が力を感じゴムを感じずらい。

遠心性収縮を用いれば、相手はゴムの伸び縮みを感じ作用する

遠心性収縮自体は特別なことではないのだが、普段意識して用いることのないことなので、慣れるまではなかなか大変なことである。

一番基本的なことで、簡単なようでとても難しいことの一つです
よくよく研究されれば、この筋肉の使い方で色々応用出来ると思います。お試し下さい。

        byたけぞう

日々是合気「賽の河原で合気練功」

日々練功しているなかで、ゴム感覚もしっかりあって合気の如く相手を崩すことが出来、
「俺って結構出来てるんじゃね」と思う時がある。

しかし、そんな思い上がりもふとした瞬間に根底から崩れ去る。
全く出来なくなることがしばしば現れる。

不思議なくらい、出来る時と出来ない時がある。

まだまだ、本当の「合気のカラダ」が出来てないんだね。
最低でも自分のカラダが足の裏から手の指まで繋がっていればなんとかなるはずだが、
簡単にバラバラになる。

賽の河原で石を積んでいるようなものだ。またまだ、先はながい。

         byたけぞう

日々是合気「シャボン玉」

「これくらいでいいですか?」とか「まだ弱いですか?」「もっとやったほうがいいですよね?」

 

そう質問された時、たいていやりすぎてると感じます。

 

最近塾長は風船を例えにつかわれています。そのくらいの圧で良いということです。

 

その風船は、力みが入るとシャボン玉のように消えてしまうようです。

 

シャボン玉に触れて、そのゴム感、跳ね返りを感ずるくらいの繊細さを養うことが必要なのかもしれません。

 

        byたけぞう

日々是合気「合気練功の道筋」

最近すこし合気がわかりかけてきた。合気が出来るわけではなく、合気にいたる練功の仕方がわかってきたというのが正しいかな。

 

まだ先は長い、簡単にはつかめない。とんでもないことに首を突っ込んでしまったというのが正直な感想。

 

言い換えれば、死ぬまでずっと愉しめる道楽にはまったということでもある。

 

たまに、知り合いに合気を掛けてほしいと言われるが

できるだけ丁寧にお断りしている。

 

まだまだ、そんなことは滅相もないことである。

 

        byたけぞう

日々是合気「カラダのしなやかさを考えてみて」

仕事で、金属材料を扱う。

丸い棒状のものや、平たく棒の様に長いもの。大体5メートル位のものを必要に応じて、切断するのだ。

 

この時、不思議におもうことがある。長い状態のときは、太さにもよるが、結構撓る。こんな硬い金属がバネ感があるというか、柔らかさがある。

 

短く切ったものは、全く撓らない。柔らかさは感じられない。

 

ふと、考えたのはカラダも一緒かなと。カラダを手から足まで、ひとつに繋いで長いものとして使えば、弾力があり、前腕のみで短く使えば硬くて弾力はでない。

 

以前は、体をひとつにして使えという言葉を、固めて使うことと捉えていたが、それだけではなく、カラダをしなやかに使うコツを伝えていたのかもと感じた。

 

合気を武術に使うには、強靱なカラダがいるのだろう。(強靱とはつよくしなやかということ。)

 

               byたけぞう