2024年 の投稿一覧

虹をつかんだ男のココだけの話「勘違い」

先日、練功塾で緊急の課題として、周知徹底された事がある。
塾生のほとんどが勘違いしていた事で、もちろん私も例外ではなかった。
それは六元のゴム感覚の作り方で、この感覚を出す時、私は腕を伸ばして作っていたのだが、本当は広背筋を伸ばすのだという事を教えてもらった。
私は、「手が硬い」とか「手が出てる」とよく言われるのだが、その原因の一つは、これにあるのだと思った。
この作り方だと手と胴体が分離しているため、相手の重みを全て手だけで受け止める必要がある。
支えとして手を使わなければいけないので、相手は手の存在を容易に感じる事が出来て、対処され易くなるのだ。
それに対して、広背筋は背骨に連結しているので、手で受けた影響をそのまま体幹まで伝達する事が出来る。
つまり、相手の重みを直接体幹で支えるため、手は支える必要がなくなり存在を消す事が出来る。

塾長は、「手を手として使ってはいけない。前足として使う。」といつも仰っているし、
合気練功塾の習得プログラムにも、六元=“四肢をゴム感覚で繋げる”と明記されている。

しかしながら、手を独立して使う事に慣れている私たちは、四肢と体幹を繋ぐ技術がある事など知らないし、そもそも胴体と手を連動させる必要性を感じていない。
だから、自分の出来得る範囲で、自分の考え得る範囲で、“今の自分”にあった方法を選択してしまえば、手と足と胴体を同時に伸ばしているだけで、“四肢をゴム感覚で繋げる”とは似て非なるものにたどり着く危険が多々ある。
今回の件が良い例だが、私が合気を習い始めて今までに、「一度の説明で理解出来たと思ったが、実は理解した“つもり”でしかなかった。」と後に判明した事は枚挙にいとまがない。
そして、自力でそれに気づける可能性もほぼない。
勘違いしている人がいる時、何度も説明してくれる存在、気づかせてくれる環境があるという事が非常に重要なのである。

はやく仙人になりた~い!「3点バランスでグー/チョキ/パー体操」

3点バランスは全身を繋ぐための基本型となります。

でも、3点バランスの正解がわからない方の方が多いと思います。

練功塾で練習していても塾長や院生に「五元」が足りないとか、アドバイスされても、なかなか修正が出来ず正解がわからない。
どこかの「〇元」を忘れてモヤモヤしたり、一人で素振りをしていても「このやり方でよいのか?」家族に手を持ってもらっても「無反応」といった感じだったり、と思います。
自分自身がそうなので。

合っているのかわかりませんが、最近やり始めている練習方法をご紹介します。

「3点バランスでグー/チョキ/パー体操」

《やり方》
①3点バランスをします。
②手と足で「グー/チョキ/パー」を同時にします。
③「グー/チョキ/パー」と声に出して動きます。

《手の使い方》
①「手のグー」は親指を立てたグー(goodのグー)。
②「手のチョキ」は昔の関西の人のチョキ⇒親指と人差し指でチョキ。
③「手のパー」は普通のパー。
※全て縦拳で行ってください。
※親指は全て「足からのライン」を意識してください。

《足の使い方》
①「足のグー」は普通にグー、地面を握る?掴む?
②「足のチョキ」は親指を上方向へ、他の指4本は地面を握る?掴む?
③「足のパー」は全部の指を上に伸ばす。グーの逆。
※足裏は母指球をなるべく地面に着けない。
※全て小指球側を使って地面に着ける。

手と足のバランス感覚の練習になると思います。
自身で、これが3点バランスだと思ったら塾長や院生に答え合わせをしてもらって下さい。
3点バランスの精度が上がってくると思います。

「グー/チョキ/パー」を声に出してすると呼吸や脳にも意識が行きますし、全身が繋がる感覚が掴めると思います。

もしかしたら特許とれるかも(笑)。

実はちゃんと3点バランスができていたら「グー/チョキ/パー」どれでも正解なんです。

虹をつかんだ男のココだけの話「変化」

ここで、合気を教わり始めて数年が経つ。
“弾力”をカギに練功を積んできたのだが、最近自分の体が変わってきたように思う。
前は、相手と接触する事で初めて一本のゴムが発生する感覚があったのだが、近頃は、日常生活を送っている時でさえも、ふと気が付けば、体全体に“弾力”がみなぎった感覚を感じる事が出来る。
長年練功してきた“ゴム感覚”が体に馴染んで、時や場所を選ばずに容易に再現出来るようになったのだ。
これは、私の合気がレベルアップしたことの証であろう。
前まではゴムだったので、“弾力”を出すためには、一旦引く作業が必要で、引くまでは“弾力”が発生していないため合気が起こる事はない。
しかし、意念だけで“弾力”が充満している状態を作れる様になると、相手から触れられた瞬間に合気が発動するようになる。
つまり、すでに引いているゴムを持たせる事が可能なのだ。
また、存在しているだけで体の中が“弾力”でいっぱいで、他の力が入り込むスキマがないため、相手の出した力は、そっくりそのまま相手に返還される。
相手が私に対して影響を与える為に出した力は、私には何一つ影響を及ぼす事なく、私の中にある“弾力”に跳ね返される形で相手自身への攻撃に使われるのだ。
これらの結果は、“弾力”があれば当然起こる事で、起こらない方が不思議な極めて当たり前の理屈である。
しかし、「まさか」の結果が起きたと混乱する人が続出するのは、人の体の中が“弾力”で埋め尽くされているという仕組みを普通の人は知らないからである。

松原塾長が常日頃からおっしゃっておられる通り、合気の上達は、合気のカラダ作り無くしては有り得ないのだ。
小細工などいらない。
この根幹を大切にこれからもより良く変化していきたい。

はやく仙人になりた~い!「上半身の回外」

あくまでも、個人的な見解なので、興味のない方はスルーして下さい。

前回は膝の「回外」をする事で下半身の遊びが無くなる。を説明しました。(やり過ぎると膝の関節を痛めるので気をつけて下さい)

今回は、下半身があれば上半身もあるという事です。

上半身の「回外」に関しては、詳しい話は書けないので…。

ヒントは下半身で「膝の回外」という事は、上半身ではどこを回外するの?となります。

あと、上半身と下半身を繋げる必要もあります。

それを、全て繋げる事が出来るのが「3点バランス」となります。

上記は「力感」なので合気とは言えないのですが、この身体の使い方を知らないと、次には進めないと感じております。

もう一つヒントとして、塾長は普段の身体の使い方と「違う使い方をしている」とも仰ってます。

コレを切れそうなゴムまで細く薄くしてゆく事で、合気に近づけるのではないでしょうか。

 

虹をつかんだ男のココだけの話「講習会in東京」

3/31(日)に第一回全国講習会 in 東京が開催された。
私も久しぶりに新幹線に乗り上京した。
ここでは、北海道から大阪まで30名ほどの塾生が集まり合気のタネの獲得を目標に一致団結して練功が行われた。
練功は2班に分けて行われ、A班は、いつも塾に参加していて、合気のタネの感覚をすでに知っている人で、その感覚を“いつでも、どこでも、誰とでも”出せるよう、再現性を上げるべく、相手を変えつつ繰り返した。
また、B班は、個人レッスンの人や、塾に入って日が浅いため合気のタネの感覚に乏しい人や、感覚自体知らない方々で、その人達にも、1日で感覚を確実に掴んで、使いこなせるレベルに上がってもらうための練功環境を用意した。
それは、塾長から出される課題を迷う事なく遂行出来るよう、感覚の取れる研究生が一人ずつ付き、分からない事を丁寧に説明するのはもちろんだが、必要な感覚を何度も体感する事で自分の物にしてもらい、徐々にレベルを上げながら、A班同様に、初級、中級、上級と全ての課題をこなすという事であった。
そして、これらは、終始、副長と院生がフォローするという万全の体制で執り行われ、たった3時間の講習会ではあったが、皆にとって密度の濃い練功になったと思う。
実際に、来た時には不安な顔をしていた人も多かったのだが、帰る時には皆さん喜色満面で、満足度が高かったように思えた。
まさに、「楽しい達人集団を目指す」を地で行く講習会であったと思う。

講習会の後は、居酒屋で懇親会も催され、私は二次会も参加して、先輩方と親交を深めて帰って来た。