虹をつかんだ男のココだけの話

虹をつかんだ男のココだけの話 「夢を叶える」

願望実現のために必要なことは、既に願望を実現している自分を思い浮かべる事だという。なんの根拠もいらないし、臨場感を持って本気で思えば、結果がついてくるという。

例えば、宝くじに当たる人は、「当てる!」という、他の人からすれば根拠のない自信を持っている人が多いという。当たった自分を思い描きながら、本気で戦略を立て、現実を願望に近づけるような行動をとる。高額当選を複数回出すような人も実際にいて、その人たちは、我々凡人のように、「運が全て。」だとは思っていないのだとか。

長い間、私は、合気とは、事前に二人の間で取り決めがあり投げたり、投げられたりするものだ。」と思っていた。しかし、数年前、何の気なしに合気系の動画を見ていると、「どうやら、本物と偽物があり、本物は本当に不思議な現象を起こせるらしい。」と思う様になった。

それで私は、先ずは、色々と動画を漁ったり、書籍やDVDを買って見て自力で習得しよう と思った。しかしながら、皆目見当もつかなかった。しばらくして、これでは埒があかないと思い、誰かに教えてもらおうと何軒かの門を叩いた。

短期習得を謳う某所では、「私の体を触らせてあげるから、その状態を自分の体にコピーして下さい。」と言われた。気の小さい私は、「その状態も分からないし、コピーの仕方も分からないのですが・・・」とはいえず、愛想笑いを浮かべるしかなかった。

またある所では、日曜日の昼間に、地下鉄の駅で多数の乗客でごった返す中、百段以上の階段を十往復させられた後、そのまま昼休憩に入り、疲れで食事が喉を通らないという、まるで罰ゲームようなカリキュラムを毎月こなさせられたりもした。

また、動画の中では指導者と同じ様に、合気の現象化を起こしていたはずの弟子が実際に 会ってみれば、揃いも揃って何も出来ないど素人で、「この面子をDVDに仕立てて、数万 円で販売するって、あなたがたには、良心ってものがないのですか?」と問いたくなる様な詐欺集団もあった。

これらのところはどこも、指導者に教える気がなく、弟子が育たないので、誰も教えられる人がいない。だから、参加してすぐ何も分からなくなり、ヒントすらない状況に置かれる。“分からないところが分からない”ので自分では脱出不能で助けを求めようにも、周りには自分と同じ状況の人か、早々と諦めた人か、悟りを開いて出来た様に振る舞う人しかいない。
だから、何度通おうが一ミリも進歩している実感が湧かない。当然、習得している姿など描きようがなく途方に暮れていた。

そこに現れたのが、合気練功塾である。ちょうどオンライン講座の塾生を募集し始めた時期で、私は藁をもつかむ思いで入会した。動画を見たが、当然見ただけで分かるはずもなく、すぐに練功に参加させてもらった。この塾に初めて来て、塾長に指導してもらい、先輩方にアドバイスを受けながら練功し終えた時、「ここは凄い、間違いなく合気が手に入る。」と思えた。

ここでは、合気の原理を最初から教えてもらえる。誰でも、その原理を一つずつ習得し、 5つの原理を扱えるようになる事で現象化が起こる。それを分かりやすく、順序立てて教えてくれるので、個人差はあるが、自分の成長を実感を伴って感じられる。そして、ここには、その原理をある程度理解していて、合気上げなどの簡単な現象化が出来て、そのメカニズムまで説明できる人間も多数在籍している。

その人たちも、今のレベルに到るまでに、失敗を繰り返し、体を作り直してきた人間である。だから、苦労する箇所やつまずきやすいポイントなどがあらかじめ分かっている。体の作り方や動かし方がおかしければ指摘してくれるし、課題を克服するためにした方が良い練功方法など有用な知恵を授けてくれる。自分の事だけではなく、塾全体の底上げを考えている人の集まりなので、参加すればするだけ自然に上達していく。

「本物の合気を掴みたい。」と思った私は、合気練功塾に来て初めて掴める自信が湧いた。 そして、2年半ほどの練功を積み、その想いが確信に変わった今、まだまだ、私は伸びるに違いない。

by 宮崎

虹をつかんだ男のココだけの話「オンライン講座 会員の方へ」

オンライン講座会員の方へ

合気練功塾には、オンライン講座もあり、たくさんの会員がいる。私もオンライン講座から、入会した一人である。塾生の私から見れば、この講座の動画はとてもわかり易いと思う。

背骨揺らしや弾力づくりなどの基本動画は勿論のこと、他にも、例えば1系を会得するためのポイントや注意点の解説動画だけでも何パターンもあり、いつ見ても色々気づきがある。
とても充実しているオンライン講座なので、会員数は右肩上がりに伸びているのだろうと思っていたのだが、横這いであるという事実を知り、私はとても驚いた。毎月、一般動画を見て入会する人がいる一方で、同じ位の数の人が辞めているというのだ。

そういう方々に私が出来るアドバイスは、「(興味本位で入って、取り敢えずやってみたが、よくわからないので、辞める。)という経過を辿る人は、ご自分の時間もお金も無駄になるだけなので、最初から入らない方が良いですよ。」という事だ。

はっきり言ってしまえば、動画を見ただけで、合気は出来るようにならない。理由の一つとしては、“出来ない自分”が考えられる範囲には正解がないからだ。

今まで、何十年も生きてきて、その中で身に付けた考え方や体の動かし方しか知らないので、動画を見たとしても、自分が理解出来るように、無意識に事実をねじ曲げて解釈してしまう。動画で起きている現象も、自分が経験した事からしか類推できないので、分からない。分かったと思っても、残念ながら正解ではない。まだ正解を導き出せる次元にいないのだ。だから、どれだけ頑張っても、合気の現象化は出来ない。

例えば、合気上げ一つとっても、動画では、掛け手が受け手を上げている様に見えるだろう。しかし、実際は、掛け手は受け手が上がる様な仕掛けを作っているだけで、最終的には受け手の出した力が地面にぶつかって自力で上がってしまうのだ。
実際、動画でも塾長は「上げているわけではない。」と何度も言っている。しかし、合気の原理を知らなければ、どうしても上げているように見えてしまう。

もう一つの理由は、合気は内部感覚の操作なので、表には出てこない。見て分かる部分より、感じなければわからない分からない部分の方が、遥かに多い。それも、とても繊細で、余程注意していたとしても感じ取れないような感覚なのだ。感じ取れない物は、作り出せる筈がない。だから、結論として、この感覚を獲得するには、“出来る人”に教えてもらうしか方法が無いのだ。

しかし、有名、無名関わらず、合気を教えている指導者のところに行っても、身につく事はほぼ無い。なぜなら、その指導者に教える気や能力がないからだ。その証拠に、その人以外に教えられる人が育っていない。そんな所に行ってもお金と時間を捨てるだけだ。

だが、ここ合気練功塾は違う。合気の原理と感覚を教えられる人は、塾長を除いても、10人以上いる。こんな所は他にない。
オンライン講座に入会したのであれば、退会するのは、塾か倶楽部に参加してからでも遅くはない。名古屋以外にも、東京、大阪、福岡で門戸を絶賛解放中である。
私は塾に一度参加した時に確信した。

「ここで練功を積めば必ず上達する。(だって出来ている人がたくさんいるのだから)」と。

皆さんも是非ご参加下さい。お待ちしております。

by 宮崎

虹をつかんだ男のココだけの話「合気難民及び予備軍の君へ」

合気を求めて、流浪の旅をしてきた私だが、ここ合気練功塾に通い始めて2年あまりの月日が経つ。(私は、福井県在住で、名古屋の塾に、毎月に2、3回参加している。)

そして、私は日々思う、
「やっと本物にたどり着いた。」
「ここ以上に、確実で速く技術を習得する場所は他にない。」と。
ここに来る以前の数年間に、数百万のお金と膨大な時間を浪費した私だが、今、ここに参加出来た自分の幸運を噛みしめている。

ここに来る以前の私は、いわゆる“合気難民”であった。
何人かの指導者のもとに何回も通ったのだが、何の根拠も無いプログラムに沿って、何の裏付けも無い稽古をさせられるだけであった。そして、私は「合気を習得するのに、何年かかるだろうか?いや、果たして出来るようになるのだろうか?」と毎回のように自問自答をし、通えば通うほどに、不安が募り、苛立ちを感じ、最後は失望するという無限ループに陥っていた。

合気練功塾にお世話になり、着実な進歩を遂げている私が、過去を振り返り伝えたいのは、
「合気的な現象を見せられる人間は、そこそこいる。しかし、それを凡人にまで伝承できる人は、ほぼほぼいない。」ということである。
そこそこの人が指導している場所が巷には多すぎる。教える能力が無いか、教える気が無い人間が指導者をしているのだ。だから、凡人は、出来ないまま挫折するか、諦めきれずに難民化するという結果にしかならない。

こういった希少価値のある技術を学ぶ者にとって、組織の選び方は、とても重要である。どんなにネームバリューがあろうが、多くの動画をあげようが、その人が持っている技術を自分が出来るまで教えてくれる人でなければ、そこに入会する意味がない。指導者と仲良くなりに行ってもしょうがないのだ。
しかしながら、多くの場合は、指導者だけはある程度の技術を持っているが、習っている者にはほとんど伝わっておらず、古株であろうが、新人であろうが技術は身に着いていない。
そして、ただ指導者の技を見たり、受けたりしているうちにその感覚が身につくと思っている人達なので、この先もそれが身につく可能性は限りなく0に近い。
早い話が、教えるつもりのない指導者に、教えているフリをされ、「身に付かないのは、自分の練習が足りないからだ」と洗脳され続けている為、やめるにやめられなくなっている人の集まりである。

合気練功塾はそれらの組織とは本気度が違う。松原塾長は全ての塾生をもれなく“達人”にしたいと思っている。なので、それに必要な身体作りや内部感覚の受容の仕方などを塾生にも理解出来るよう繰り返し伝えられている。また感覚だけでは不十分と、合気が発生するメカニズムを解明し、それらの本質を細かく分解し、順を追っていけば、万人の合気習得が可能となる原理も余すことなく教えてくれる。

また、塾長の元で練功を積み、指導資格を認められた複数のインストラクターからも直接教えを受けることが出来る。ちなみに、彼らの“素人に合気の技を伝承する技術”も、巷の指導者より上である。

それ以前に、合気練功塾は、
「他の人の上達を喜ぶ」
を指針に活動している。そして、その教えは、塾生の上級者から末端にまで共有されているので、もし悩みや質問があれば、全ての塾生が己の知識と経験を総動員しアドバイスをしてくれることは請け合いである。

合気練功塾は私が過去に騙されてきたところとは、全てが違う。
かつて多大なお金と時間を無駄にした私が奨励する、

「合気難民が嫌なら、合気練功塾へ」

 

by 宮崎