未分類

虹をつかんだ男のココだけの話「知らない人へ」

人間は、普通に立っている時、筋肉を固めて、重心を足下に置いて、安定している。まず、安定を確保してから手や体を使って作業をする。だから、作業をしている最中に転ぶことは、まず無い。それが常識である。
しかし、筋肉を伸ばして張力を作り、重心を上げて相手に頼りながらバランスを保ち、不安定さを持ち続けなければ、合気の現象化は起こらない

ということは、今まで当たり前にやってきた行動で合気が掛かることはありえない。

この常識を壊す事がとても難しい。難しいというよりも、その常識に囚われて他の発想が浮かばないのだ。初見で「この人たち2人でバランスを取り合っているけど、実際のところ不安定なんだよね!」なんてわかる人はいない。そして、それは、何千回、何万回見ようが一緒で回数の問題でもない。視覚がとらえた現象は、脳が「あり得る」と思う映像にしかならない。脳が認識していないことは、映像化出来ないのだ。だから、内部からの連動で末端が動いている現象を見ても、その操作が「あり得る」と思えない人には、末端を直接動かしている映像にしかならない。

そして、「不安定になる事が肝である。」ようやく理解したとする。
今度は、動物としての本能が邪魔をする。頭で理解したとしても、体が許さないのだ。自己保存のために、幼少期から数十年間染み付いた危機回避の習慣は容易には拭い去り難く、断固とした決意を以ってしても、一瞬の気の緩みで元に戻る。気がつくと安定してしまうのだ

また、人間は、安定する方法は知っているが、不安定になる方法を知らない。そもそも、生きるうえで知る必要がないのだから。そして、安定するためには、段階を踏んで進んで行けても、不安定になるためには、ほぼ「倒れる」しか浮かばない。途端に思考が極端になり調節が利かなくなる。

今、ざっと考えただけでも、素人が合気を習得するために越えなければいけない障害はいくつもある。

これらの何重もの枷を外せる人が何人いると思いますか?
まだ、自力で鍵の在処を探すのですか?

ここには、マスターキーがありますよ。

日々是合気「〜合気の秘密〜合気はなぜ力を必要としないのか?」

答えは意外と簡単、人は電気信号で動いているから!

 

合気現象を見たり、体験してもただ、その不思議さにまどわされてしまいがちだが実は不思議でもなんでもない。

 

脳から神経を通して、信号が伝達され自分の身体をコントロールしている。

 

 

人間の身体というのは、実に精密な電子制御されたマシーンなのだ。

 

しかし、残念なことにロボットや自動車、その他の機械より弱い部分がある。

 

シールドだ。身の回りの機械や電化製品は他の影響を受けて誤動作しないよう、あるいは漏電しないように電気的シールドがある程度されているが、人間は最低限のシールドしかない。

 

人と人が接触すると、信号が相手にも伝わってしまうのだ。

 

相手に対し力を加えれば、当然防御反応が起こるが、ただ信号が入ると防ぎようが無いのだ。

 

身体はその信号に反応するだけで、その信号がどちらからの指令かは区別が出来ない。

 

相手が動くように、信号を与えるだけなのでこちらは力は必要ではないことになる。

 

例えば時代劇で、暴れ馬が走ってくるのに対し、チカラずくで止めようとするのではなく、その馬に乗って制御すればチカラはさほど必要ではない。

 

暴れ馬に飛び乗る度胸と馬を扱う技術は必要なので、そんなに簡単な話でもないが。

 

暴れ回る馬を制することにくらべたら、手首を握ってくるだけの相手は簡単だと思えるよね?

 

 

人のシールドが弱いというのは、日々の生活のなかで確認できる。

 

不機嫌そうな人が近くにいれば、こちらも穏やかではなくなる。それがパートナーであればなおのこと。

 

幸せな笑顔に囲まれれば、こちらもハッピーな気分になったり。

 

天候、気圧の変化が心に影響を与えたり、体に痛みを感じさせたりする。

 

人はまわりの、諸々の事象を感じ取れるように、敢えてシールドが弱く出来ているのだろう。

そもそも、人は他者とつながるように出来ているのだ。

 

ケータイやPCが、つながることによって道具立ては必要だが色んなものを動かすことが出来るように、人が人とつながって動かすといった合気は出来て当然なのだ。

 

力は不要

信号が大事!

 

 

         by タケゾウ

 

はやく仙人になりた~い!「軽いギックリで分かったこと…(^^)」

昨日の朝いつもやらない、上半身と下半身を背骨で繋げる練習を、何を思ってやり出したのか解らないが、急にやってしまい、軽いギックリ腰になってしまった。(最初に背骨揺らしをすれば良かったのに…)

そこで分かったこと。
寝転んでいる状態から立ち上がる時、痛い立ち上がり方と、痛くない立ち上がり方が分かった(^^)

自分は良くギックリ腰になります。昔は腰をかばう起き方や動き方をしていました。なぜなら、どう動いても痛いからです。

歩いても痛いし、座っても痛い状態だったから。

ふと、「骨で動く」を考えてみた。(筋肉に頼らない動きかた)

そしたらなんと痛くない動き方ができたんです(^^)。

もちろん何かにすがりながら、立つんですけど、痛い腰をかばいながら立つのではなく、全身を使った動きかたをするんです。

今までは、身体の使い方を知らず、痛いけど無理して動いていたんです。

今回は、腰が痛い体勢になったら力を抜いてみたんです!

そうするとバランスを崩して、倒れます。でも何かにすがりながら「全身」を使って動かすと動ける事がわかりました(^^)。

動きは(全身を繋ぐ)めんどくさいですよ。
今まで筋肉をメインで動かしてたから。

全身を使って動いてないって事です。(練功塾の動きでは無い)

塾長の言う○○○○○○○の動きでは無いから、ギックリ腰になるんです。

骨は「筋肉?」で繋がってます。

もし筋肉が無ければ、理科教室に飾ってある骨格の教材状態です。

私が練功塾を知らなかったら、こんな考え方はしてないと思います。

「じゃあどうするの?」なんですが、この内容は濃いので、オンラインで紹介するような内容になります。(スミマセン)

オンラインでは、院生、塾生がもっと深い説明をされてます。(ギックリ腰の話しでは無いけど)

YouTubeで発信してる内容はほんの一部だけです。

オンライン会員ではYouTubeで流してる「前後」いわゆる、全てを解説しております。

よくあるセミナーで交通費含めると何十万円も払ったりしますよね?
そんな経験をした塾生が書いたブログがあります。
↓↓↓↓↓↓
https://aikirenko.com/category/douga/miyazaki/page/2/

ウサンくさいブログもあります。
↓↓↓↓↓↓↓
https://aikirenko.com/douga/sennin/はやく仙人になりた~い!「youtubeヤラセ疑惑!?」/
やっぱり「まだまだウサン臭い」と思えば、とりあえず3,200円(毎月)でオンライン講座に入会してみてはいかがでしょう?(1ヶ月だけの単発でもOKです)

「塾長の思い」
↓↓↓↓
※合気練功はどなたでも学べますが
仲間の上達を喜べない方は入会をご遠慮いただいています。
↑↑↑↑↑↑
HPに書いております。

塾長は高校の先生をされていたので、技術を教えるのは上手いんですけど、商売は下手くそなんです(≧∀≦)。